鯖ソフトを作って約1年?

そろそろ僕がPMMPのサーバーソフト、BlueLightの開発を初めて1年になります(10ヶ月ぐらいという説も…)

なので、僕が鯖ソフトを作る時に気をつけたことを紹介します。

①コードをコピーする時は完璧に写す

僕は公式pmmpやGenisysやTesseractなどの様々のな鯖ソフトのコードを使用させてもらってました(もちろんライセンスに従って笑)。その時によく起こったのが、ファイルが足りなかったり、関数が抜けていたりすることです。

例えば、EXPシステムをGenisysからコードを引用した際は、音のファイルが抜けてしまい、コンソールにスパムするなってissueに苦情がきましたね…(笑)

あとは、天気システムをコピーした際は、Level.phpにuse文のコピーを忘れてしまい、雷を落とす時の

“new Lightning()”

でエラーを吐いていたこともありました。

なので、それ以降、コードをコピーする時は完璧に写すことを心がけています。

②バージョンアップは素早くする

鯖ソフトを使ってもらう最高のタイミングは、マインクラフトがバージョンアップした時です。他の鯖ソフトが対応する前に、対応させれば、使ってもらうことができるでしょう。実際、我々BlueLightもアップデートの際に発表し、まあまあ有名になりました(?)

③PullRequestには礼を言う

海外の鯖ソフトなんかを見てると、よくあるのですが、プルリクエストに対して無言で承認してる人。やっぱりコードを書いてくれたのですから、お礼を言った方が良いでしょう。バグ報告も一応言っておいた方が、報告した方も気分がよいでしょう。

私はだいたい

Thank you for your pull request!

バク報告は

Thank you for your report!

と言っています。

鯖ソフトを作るのは、なんだか楽しいですよ。人から認められた感じがします笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です