Airodump-ngで野良パケットキャプチャ

airodump-ng はaircrack-ngに含まれるツールで、周辺を飛んでいる無線LANの電波をキャプチャ出来ます。(中身を見れるとは言ってない)

必要なもの

  • モニターモードに対応した無線LANアダプタ
  • Linux(記事ではkali linux)のコンピューター
  • 基本的なLinuxコマンドの知識

インストール

ターミナルで次のように打ちます

Debian, Ubuntu, Kali linux

CentOS

使用する準備

まず、不用なプロセスを停止します

次にifconfigで無線LANアダプタを確認し、モニターモードにします。

モニターモードとは、周辺を飛んでいるWifiの電波を監視できるモードです。

こんな風に表示されると思います、この中から使用したいものをえらんで下さい。ここではwlan1を使用します。airmon-ng start <インターフェイス名> でモニターモードにできます。

これでモニターモードになりました。

もう一度ifconfigで確認してみましょう

使用したインターフェイスのところが色々変わってます。

環境によっては新しくmon0などのインターフェイスが作成されていることもあります。

パケットを収集する

airodump-ngを使ってパケットをキャプチャしてみましょう。

とりあえずhelpでオプションを確認します。

いろいろ設定できるみたいですね。

主なオプション

  • –write : 保存先のファイル名を指定します(拡張子は不要)
  • –output-format : 保存するファイルのフォーマットを指定します
  • –bssid : BSSID(アクセスポイントのmacアドレス)を指定します
  • –essid : SSIDを指定します
  • –channel : チャンネルを指定します

このように実行すると、チャンネルが1で、ネットワークインターフェイスwlan1を使用して、outputに結果が保存されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です